• Club Atletico Yokohama Cerera

U-12 神奈川県少年フットサルリーグ 第3・4節


11/9(日)U-12 神奈川県少年フットサルリーグ 第3・4節 @神奈川県横浜市


期間を空けて久々の同リーグへ。刺激的な時間を過ごすことが出来ました。


■横浜キッズ

前半 0−3

後半 5−0

合計 5−3(ルカ×3、リク、マッチョ)


4−0システムを使用しながらの試合運びに苦戦する前半、システムを捨て頭の中を開放した後半、完全に対象的な結果となりましたが、戦っている内容は4−0システムだったのが印象的でした。頭の中が戦術で混乱しつつも、実は身についているという。


そう、辿り着きたいのは「見る」「選ぶ」「やる」の思考決定プロセスではなく、「見る」「やる」のそれ。「判断」が「反射」に。


脳に蓄積されたプレーメモリーが彼らを導いてくれました。

ようこそ、新たなるステージへ!



■バディ ランツァーレ

合計 8−4


試合は主導権を持ちつつも、自責の失点を繰り返しました。

試合半ばで「いける」と思ったならば、それが気の緩み。

ほんの少しの感情の変化で結果が正反対になるのがスポーツです。


対象的な表情を見せた2試合でした。

よく頑張った。



対戦相手の皆さま、応援に駆け付けて下さったご家族の皆さま、有難うございました。


Club Atletico Yokohama Cerera

76回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示